%E7%89%9B.jpg伝統的に最も多く使われてきた、丈夫なです。

生後6ヶ月未満の子牛のカーフと呼ばれています。
カーフはしなやか、きめが細かいのが特徴で、男性・女性を通じて高級なとして扱われています。

生後2年ほどまで若い牛の革キップと呼ばれています。
キップカーフより強度がすぐれているのが特徴です。

2年以上に育った成牛の革は厚手で強いという特徴を持っています。
メスの成牛のカウ、幼いときに去勢したオスのをステア、種牛クラスの壮年のオスのをブルと呼んでいますが、そんな中でもカウがもっともきめが細かいという特徴があります。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/293

Powered by Movable Type 3.3-ja Copyright(C) 2007-2011 革靴について知りたい:革靴の基礎知識 Allrights reserved.