良い革靴選びの基礎

よくない、足にあわないは足の病気を起こす恐れがあります。また腰痛・頭痛・肩こり・不定愁訴・イライラ・冷え性の原因になる恐れもありますし、肝臓・腎臓の疾患など、その悪影響は全身に及ぶものもあります。
健康の足元を固めてくれる良い靴選びの基礎をいくつか挙げておきます。

【 フィットと余裕 】

履き心地の良い靴は、よくフィットする靴といえます。自分の足の大きさ、つまり足長・足囲・足の輪郭と靴のそれがきちんとあっていることが必要です。しかしフィットしているといっても、きっちり過ぎずまたゆる過ぎず、足の部位によっては余裕が必要です。 
>>詳しくはこちらで説明しています

【 重さ 】

は軽いほうがよいと思われています。しかし重いが悪いというわけではありません。登山や重労働ではある程度重いのほうが安定しているといえます。

【 素材 】

の材料や素材により、足に大切な通気性・柔軟性・重量が変わってきます。


トラックバック

トラックバックURL:
http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/277

Powered by Movable Type 3.3-ja Copyright(C) 2007-2011 革靴について知りたい:革靴の基礎知識 Allrights reserved.