ラバー製法

セメンテッド式やセメント式などとも呼ばれる製法ラバー製法です。
甲革ソールを縫い付けることをせず、甲革とソールを糊で接着する最新の靴の製法です。糊が改良され、非常に強力な接着力を実現することができた結果実用化された靴の製法です。

ミシンで縫い付ける工程がないので、底から水分が浸入する可能性は低く、雨にも採用されています。の大量生産に最も適していて、一般のビジネスシューズの中では最も低コストな製法といえます。また、最近ではソールに通気口を作り、さらに通気性を高めたものも出てきています。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/278

Powered by Movable Type 3.3-ja Copyright(C) 2007-2011 革靴について知りたい:革靴の基礎知識 Allrights reserved.