ステッチダウン製法

ステッチダウン製法とは

甲革の縁の部分を内側に巻き込まず、外側に広げ、中底・ソールに縫い付ける製法のことです。の内側に縫い目が存在しないため、しばしば雨などにこの製法が採用されることもあります。

しかし外見上は外側に広がった甲革が美観を損ねるので、高級にはこの製法は採用されることも少ないようです。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/279

Powered by Movable Type 3.3-ja Copyright(C) 2007-2011 革靴について知りたい:革靴の基礎知識 Allrights reserved.